親しらずは抜くべきか、抜かないべきか?

歯の健康の維持は重要なことだから、やらなくてはならないことは分かっています。

どんな方法でやったらいいのかが分からないこともあるので困ってしまいます。

悩むことの1つは、親しらずは抜くべきか、抜かないべきか?

ということがあるのです。

親しらずは抜くべきか、抜かないべきか?ということはたぶんみんなよく分からないのです。

私は今までに親しらずは抜くべきか、抜かないべきか?考えたことはないですね。

友人は昔親しらずが痛くなったので、抜いたことがあったのです。

痛くなったら、歯を抜いたらいいのではないでしょうか?

医者はどこの医者に行くのも嫌なものですが、歯医者もできたら行きたくないと思ってしまうので、自分も親しらずが痛くならなかったらいいですね。

歯医者さんは親しらずは抜くべきか、抜かないべきか?ということは、どのように考えているのでしょうか?

歯医者さんの意見も聞いてみたいですが、聞きに行くのは怖い感じもします。

自分にできることは口の中が異常や病気にならないように、毎日しっかりと歯を磨くことしかないように思っています。

歯が痛くなったら、他のことが何もできなくなるくらいに激痛だから、歯が痛くなるのは避けたいからです。

歯の痛みは人類が感じる痛みの中でも最も我慢できない痛みと聞いたこともあるので、たぶんみんな歯の痛みは感じたくありませんよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>